*ワンちゃんのアレルギー* 
今回のテーマは「アレルギー」について...

飼い主様が知らないだけで多くのコが悩まされているアレルギー。
食品アレルギーや、花粉・金属などの接触アレルギーと
一概にアレルギーといっても色々なものがあります。

お家のワンちゃんはどうですか??

・体をよくかゆがる
・フケが出る
・抜け毛や脱毛がみられる
・目、口の周りや内股などに赤みがでる
・足先をなめたり噛んだりする

以上の項目に当てはまるコはアレルギーの可能性大!

放置しておくと深刻な皮膚疾患の原因になることも...!!

主な対策としては

・フードの見直し
・薬用シャンプーや低刺激シャンプー
・体質改善エステメニュー
・こまめなお手入れ

等があります☆

ブログ1
フードやおやつを無添加の低アレルギー処方のものにかえてみたり...

ブログ2
サプリメントで体質改善もおすすめです♪

ブログ3
直接肌に塗り込んで炎症を軽減させたり、汚れを除去してくれるアイテムは
できればお家に常備しておきたいですね☆

こちらのアースリーフスキンケアジェルは約1億年前に堆積した植物より抽出されたナチュラルスキンケアウォーターです。
イオン化されたアミノ酸、ビタミン、ミネラルを豊富に含むため、体を健やかに保ちます。
清涼飲料規格適合商品ですので、飲んでも無害なほどに使用できる商品です。化学薬品などを一切含みませんので
どんなワンちゃんにもお使い頂けます。
ジェル状になっているので、スプレーしにくい箇所や、患部が局部的なときに使いやすくてとても便利!
かゆみ、炎症、ただれがある場所や、目元等のデリケートな箇所にもご使用いただけます♡



もちろんトリミングメニューでも様々な対策メニューがありますので
少しずつ改善策をともに探っていくことも可能です♡


Fa*Faではサロン・店頭共にアレルギーのご相談にのっています☆
是非お気軽にご相談くださいませ♡
スポンサーサイト
涙やけについて 
涙やけはなぜ起こるの?

涙やけは大量の涙が原因で起こります。

なぜ涙が大量に出てしまうのかというと、それは「流涙症」という病気が主な原因で、本来、涙腺→涙管→鼻へと排出される涙が、何らかの要因で過剰分泌されてしまい、涙を流し続けているという状態になってしまいます。
その結果、眼の周りに溢れてしまった涙が、毛色を赤茶っぽく変色させてしまう症状をさします。

トイプードルをはじめ、ポメラニアン、パグ、チワワ、テリア等、目が大きく鼻が短い小型犬によく見られます。

原因はいくつかありますが、主な原因としてはフードが合っていないことがあげられます。
フードに入っている添加物や保存料、質の悪いタンパク質は涙管を詰まらせる原因になります。

Fa*Faでは、国産無て添加のドックフード、ビックウッドのフードをおススメしています。

Big WooDフード

ビッグウッド

※体のサイクルが入れかわるのには3か月かかるので、3か月以上継続して頂くことをおススメしています。



外からの対策としてはアイローションを浸したコットンで1日1回~3回、拭いてください。
そのあと、乾いたコットンで拭いていただくとより効果的です!!

おススメはこちら↓
柿渋消臭スプレー

柿渋

柿渋が持つ消臭性や抗菌性などを利用して作られたスプレーです。
柿渋の持つチカラできちんと消臭したうえで、上質なラベンダーのアロマをお楽しみいただける消臭スプレーです。
シュッと一吹きでとても心地よいラベンダーの香りがお部屋に広がりますので急な来客時などにも役立ちます!

【用途】
●トイレまわりの消臭など ●散歩後の足裏や体のお手入れ、消臭などに
●被毛のお手入れ、消臭などに ●目元・口元・お尻まわりのお手入れ、消臭に
●ソファ、ベッド等お部屋全体の消臭に ●衣類などの消臭に

※香りは乾くとほぼ残らない状態になります。
ペットがなめても安心な成分で作られており足裏や被毛のお手入れにも安心してお使いいただけます。

一つで色々な用途にに使えるのでおススメです。

涙やけは、見た目だけの問題ではありません。

涙やけを起こす原因が食物にあるのなら、他の病気になる可能性も高いということです。
わんちゃんの健康を保つために一歩踏み出してみてください☆



STOP!!もつれ 
もつれてヒツジの毛玉になる前に!!

毛玉レベル
レベル1: 違和感を感じる
       軽いブラッシングでとることができるレベル。
原因:   毛玉に気が付いていない。ブラッシング不足。

レベル2: 生活が不快
       ブラッシングとハサミで取ることができるレベル。
原因:   シャンプー後や雨の日のお散歩後の放置など
       毛を濡れたままにしておいた等のケア不足。

レベル3: 常時痛みを伴う
       ブラッシングでは取れない、バリカンで丸刈りレベル
原因:   2か月以上グルーミングしていない。


お手入れの大切さ

ブラッシングをせずに放置すると毛玉が出来はじめてしまいます。なお、普段から家庭でケアしておくと、トリミング時の負担が減らせるので、ブラッシング等をしておきましょう。

また、トリミングの時にも、先にブラッシング等に慣れておけば、比較的嫌がることも少なくなりますね。家庭でケアすることは、もつれを作らないこと以外にも病気等の早期発見に繋がることも多いので、ぜひ普段から体を観察してあげましょう。

3週間~1か月に一度はトリミングに出して健康に保ちましょう。


お手入れ方法

・用意するもの
 スリッカー
 コーム

・スリッカーの使い方

ぎゅっと握らなくて大丈夫。親指と人差し指で持って、あとは添えるだけ。

ブラッシングする強さは、自分の腕などで試してみて下さい。

強く当てればワンちゃんも痛いです。


・ブラッシングの仕方


毛玉は根元に出来るので、表面だけブラッシングしても意味がありません。利き手でスリッカーを持ち、反対の手で毛を掻き分けて押さえます。

足先は少し持ち上げて、指で毛を押さえてあげると上手く行きます。そして見えた根元を優しくブラッシング。

少しずつ押さえる場所をずらしていけば、きれいにブラッシングが出来ます。

最後にコームでもつれが残っていないかチェックしてください。

お散歩の後、服を脱いだ後等に毎日お手入れしてあげましょう。

分からないことがあればトリマーにお気軽にお聞きください!